ベルリン名所紹介

ベルリンの名所を紹介するサイトです

演説にてドイツを恫喝するプーチン:繰り返されるスターリングラードの悲劇?

アメリカ合衆国バイデン大統領がロシアとウクライナに衝撃的な提案を行う。その内容は、終戦に向けてなんとウクライナの領土20%をロシアへ譲渡するというものである。当然両者はこれを拒否する。

ショルツ:ロシアとの交渉は部隊の撤退が前提である

20時18分:ドイツ連邦首相オラフ・ショルツは、ウクライナ占領地域からの部隊撤退をロシアとの停戦交渉の条件とする旨を示す。「皆も周知の通り、まずは部隊の撤退が第一です。ウクライナとの話し合いはそれからです。」、とショルツは木曜日に述べた。そして互いに理解し得るでしょう。「ですがそこに辿り着くにはまだやらなければならないことがあります。」。

スターリングラードの演説にてプーチンがドイツを恫喝する

18時45分:スターリングラードでのソ連赤軍ドイツ国防軍との激戦から80年を迎える今日、プーチンはドイツに対し再び同じこと繰り返していると非難した。「信じられないことですが、事実です。:我々は再びドイツの大戦車部隊に蹂躙されようとしています。」、とプーチンは、かつてスターリングラードと呼ばれドイツ軍との間で人類史上最大の激戦が行われたボルゴグラードにて木曜日述べた。

一年近くに渡りウクライナへの侵攻を指揮しているプーチンは、この戦勝記念日をもってしてウクライナ侵攻を正当化する。この国家元首が来賓らの歓声に包まれている間にも、戦場では多くのウクライナ人が若者が多くを占めるロシア兵と戦っている。東ウクライナに位置する大都市クラマトアスクでは民家へのミサイル攻撃により20人以上が負傷した。瓦礫の中から3人の死体が発見された。一方EUは委員長フォン・デア・ライエンを派遣し再びウクライナとの連携を強調した。

独ソ戦のように再びウクライナの地にてドイツの兵器がロシアに対して使用されている、とプーチンは述べる。このウクライナ戦争は一年前にプーチンが独断で侵攻を決定したことから始まっている。「我々には答えなければならないことがあります。そしてことは戦車の性能によって左右されるわけではありません。これは皆わかっています。」、と原子力担当長は述べた。プーチンの短い演説を聞いた来賓は皆驚愕する。

プーチンはドイツのウクライナへの戦車供与決定について公に言及していた。その中でプーチンは、ロシアへ制裁を加える西側諸国をナチスの独裁者ヒトラーに例えた。「まさか現代になってヒトラーイデオロギーが再び現れるなんて予想もできませんでした。西側諸国は彼の思想を用いて我々に脅威を与えます。」。ドイツはすでにロシアとの交戦およびその意思を否定している。

www.focus.de

 

ロシア系ドイツ人がBND機密情報をモスクワへ流していた?:拡大するスパイ騒動

BND(ドイツ連邦情報局)内にロシアのスパイが潜入していた?12月に起きたカーステン・L事件は記憶に新しい。現在彼の共犯者とされているアートゥアー.Eの証言によってこのスパイ事件の全容が明らかにされる。この事件は想定よりも大規模なものである可能性が高まる。

BND諜報員がロシアへ売ったとされる機密文書:今共犯者とされているアートゥアー.Eによって一連の全容が明かされる。一体何があったのか?

2度に及ぶモスクワへの渡航の際、アートゥアー.EはFSB諜報員に接触していた。

土曜のマイアミからドイツへの帰国の際、ミュンヘン国際空港にてアートゥアー.Eは拘束された。”Spiegel”筋では、彼はフロリダでFBI捜査員へスパイ活動の報告を行なっていたとのことである。そしてドイツ側の取り調べにて、2度に及ぶモスクワ渡航の際、ロシア国内情報局FSBへBNDの機密情報を流していたことを供述した。

またロシアでカーステン・Lとも接触していたことを明かした。ドイツ側の捜査員は、E自らロシア人にBND諜報員を会わせ、内部情報を開示するよう説得していたという見解も捨てていない。

再びチップを与えなければならなかった外国諜報員

BND内のセキュリティを管轄していたカーステン.Lは売国奴として非難されている。連邦検察庁によると、こ上級諜報員はロシアへ機密情報を流していたと見られる。12月に発覚したこのスパイ事件は世界中に衝撃を与えた。:再び外国諜報員がドイツ人に重要情報を与えなければならなかった。

”Spiegel”によると、カーステン.Eは10月に2人のFSB諜報員と接触するためにモスクワを訪れていたことを、取り調べで明かしたとのこと。彼は大量のロシア語で記載された文書を所持しており、これらはFSB諜報員へ渡したものとされる。このことはアートゥアー.Eも主張している。

この文書にはウクライナ戦線でのロシアへの死者数も記載されていた?

彼はいくつかの文書を写真に収めたが、これらにはウクライナ戦線でのロシア兵の死者一覧も含まれていた。ドイツ人が情報源のものとしては、FSBが非常に興味を示すであろうものであった。だがFSB諜報員はこの文書は信憑性が低いと判断した。

11月カーステン.EはFSB諜報員と接触するため再びモスクワへ渡航した。ここでも彼は機密情報と現金を持ち合わせていた。だが彼が本当にそれを行なっていたのか疑問も残っている。Eは捜査員からの取り調べで、自分はBNDの秘密任務の遂行中であったと主張した。捜査員は、彼が純粋に潔白を主張している可能性を捨てていない。

BNDスパイ事件には多数が関与していた?

この事件は歴史上最も衝撃を与えたスパイ事件と言っても過言ではないだろう。アートゥーア・Eは空港の税関の直前で現金をある人物に手渡そうとしていた、カーステンLに。

アートゥーア.Eによると、ドイツ系ロシア人の諜報員は世界中で多くの人物に接触しており、彼はBND諜報員とは自宅のあるバイエルン郊外で知り合っている。両者はいずれも元連邦軍兵士であった。

 

www.focus.de

ガス貯蔵施設へのテロ攻撃?!:爆燃するガス貯蔵庫

火曜日にドイツの町レーデンのガス貯蔵施設にて爆燃事故が発生したため、ガスの貯蔵が停止となっている。施設は安全のために動力が切断された。特段ドイツ国内全域に影響を及ぼす危険性はないとのことである。

施設内での爆燃事故により、レーデンのガス貯蔵施設では現在ガスの貯蔵が停止となっている。連邦情報網庁は今の所ドイツ国内全体のガス供給に影響を及ぼすことはないとの見解を示した。ドイツ国内最大のガス貯蔵施設は、ニーダーザクセン州ディプホルツに位置する施設である。

当施設は安全のため動力が切断されている。運営会社の専門家と監督当局である国家鉱業エネルギー地質局 (LBEG)の従業員らが現地にて原因究明に向けた調査を行っている。彼らによると、外部からのテロ攻撃によるものではないとのことである。今回の事件は非常に珍しいものである。だが:「高性能技術が使用されているところであれば、当然このような事態が起きる可能性はあります。」。

レーデンのガス貯蔵庫での爆燃:「まるで非常口への扉が開かないようであった。」

爆燃はいわゆる炎の噴射口にて発生した。詳細には、圧力を下げるための安全装置であった。「まるで非常口への扉が開かないようでした。」、と説明する。この爆燃事故による負傷者はいないとのこと。:周辺環境への影響も確認されていない。

稼働再開の時期に関しては不明である。「幸運だったのは、爆燃が発生した場所が貯蔵庫内であったことです。ガスの転送前の段階でした。」。

 

www.focus.de

4両のT-72で1両のレオパルド戦車に対抗?:世界最強戦車の投入にモスクワ側が選択する対抗策とは

西側のウクライナへの戦車提供がロシアを追い詰める。プーチンは物量のみをもってして対抗しうるであろう。西側にとっては時間との戦いにもなる。

ドイツ連邦首相オラフ・ショルツの”Go”サインにより欧州中の拘束状態が一斉に破られる。NATO加盟国およびアメリカから100〜150両の主力戦車が早くも来週ウクライナへと到着することとなっている。

これがプーチンを追い詰める。ロシアは現状西側に匹敵する性能をもった戦車を保有していない。彼に残された希望は:”物量”。

「推測するに、ロシアは10,000〜11,000両の戦車を保有しています。」

2022年2月24日にウクライナへ侵攻した時点で、ロシアで稼働可能な戦車はわずか1100両であった。これは連邦軍のそれの4倍に当たる。連邦軍は欧州ではロシアに次ぐ2番目に強力な戦車軍団である。

ロシア軍は多くのウクライナの装備を破壊・無力化している。西側は旧式のソビエト戦車を投入することで対抗した。しかしこれらの在庫はほぼ底をついているため、今後は西側の戦車が入ってくることとなる。これら西側戦車はロシア戦車に性能で優っているため、プーチンが頭を抱えることは間違いないであろう。

またロシア軍は戦車の大量損失に対応しなければならなかった。開戦時3,300両であった戦車数は2,000両前後まで減少した。「推測するに、ロシアは現在部分的に修理中の10,000〜11,000両の戦車を保有しています。」、とオーストリア軍親衛隊司令官マークス・ライズナーは述べた。

「レオパルド1両に対し、4両のT-72が必要です。」

性能で上回る西側戦車に対抗する手段は、物量作戦しかないということはプーチンも認識しているところである。第二次世界大戦末期にアメリカ軍がドイツのティーガー1両に対し、5両のシャーマン戦車をぶつけたように。「技術的に劣っているため、物量で押し切るしかないことはロシアも当然認識しています。」とライズナーは述べる。「4両のT-72をもってしてレオパルド戦車を1両を倒す。」。

ロシアのニジニ・タギル市に位置する、世界最大級の巨大戦車工場ではおよそ1時間単位で戦車の製造、修理が行われている。ロシアには戦車増産の土台となる国力が備わっている。「最新の材料が手に入らなくとも、それをものともしない物量が備わっています。」。

 

 

ロシアにとっては時間との戦いである

西側よりも優位に立つため、プーチンは残忍な戦略を追求する。西側戦車部隊が戦線に到着する前に、可能な限りウクライナに戦車を投入し先制攻撃を仕掛けようとする。ライズナーは危惧する:「西側戦車部隊が予定通り戦線に到着できる保証はありません。」。

オーストリアの軍事専門家は、来月にはロシア軍は新たに2000両の戦車を投入すると予測する。そうなるとウクライナ軍は4000両のロシア戦車に対処しなければならないであろう。

 

www.focus.de

「我々がロシアと交戦中ですって?」:ベアボックの勇ましい宣戦布告?

アンネラ・ベアボックのあの発言が今ロシアで大きく取り上げられている。このような現状のドイツ外交・安全保障政策に国民は不安を感じている。

連邦外務大臣はそれなりに国民からの人気が高いが、ある種連邦外務大臣の伝統的なものでもある。だが欧州では戦争時には、とりわけ外国語で発言を行う場合一語一句が重要な役割を果たすことになる。

そして連邦外務大臣が今週犯した過ちは、周到な準備によって防ぐことが可能なものであった。46のEU加盟国が参加する欧州議会の直前、ベアボックが用意した原稿にはこう書かれていた。「We are fighting a war against Russia.」:我々はロシアとの戦争を戦っている?

ベアボックと宣戦布告:「我々は戦争の真っ只中にいる。」、我々?

我々?もちろんこれは、モスクワ側が強調しているものであり、ロシア国内の情報媒介機関が流布した大統領府の宣伝であるのだが。

いずれにせよこのことはドイツ国民に、連邦の外交および安全保障政策の不十分・不安定さを認識させる結果となるであろう。日曜日に連邦外務大臣はパリにて、ドイツが近々レオパルド戦車の供給許可を認定することになると述べた。

火曜日の晩に連邦政府は各報道機関に対し、ウクライナへの戦車供与が決定されたことを報じさせた。水曜日には、連邦首相は政府としての声明文は出さずに、連邦議会にて自ら発表した。なぜ今このようになったのかという問いに対し首相は、現在も戦車を提供しているアメリカにのみ言及する。

国民の支持を得たい外交政策、だがうまくいかず

我々はなおもロシア軍の攻撃対象となり多くの民間人が命を落としているウクライナへの軍事支援の必要性について数週間、数ヶ月に渡り議論を重ねてきた。連邦政府議会で常に問われてきたのが、アメリカの動向であった。ウクライナの軍事的状況とロシア軍の大規模攻撃計画はおおよそ武器供与の考慮対象にはなり得なかった。そのため連邦政府は国民が納得し得る回答を用意できていない。

そして連邦外務大臣は支援反対者を納得させうるような言い回しをうまいこと活用しようとする。未だ外交・安全保障政策はこの困難な状況にて国民の信頼を得るには至っていない。

 

www.focus.de

多くの役人を驚愕させていたランブレヒト:連邦防衛省内の大胆な人事改革

論点

・ここ数年で削減されてきた連邦防衛省の役職

・2500人の従業員雇用が目標であった

・すでに従業員は3000人に達している

 

2021年以降全連邦防衛大臣クリスティーネ・ランブレヒトSPD)により137に及ぶ新たな役職が設けられてきた。これはCDU所属の議員カースティン・フィーレゲによって公になった。

これらには高給な役職も含まれる。:これら一覧には少なくとも月給10,600ユーロにのぼる中間管理に相当するB6レベルのものも含まれる。また、4 つの部門長 (月​​給 6338 ユーロから) と 53 の監理ポスト (月給 4592 ユーロから) も新たに新設された。

防衛省内の長期勤務者はこの大胆な人事改革に驚愕する

長年の勤務者でさえこれら数字には驚きを隠せない。実際にはランブレヒト指揮の元で国家危機管理センターなどの新たな機関および部門が設置された。そして大臣は数個の役職を自らに近しい人間で固めた。特定の役職を昇格させるために他の役職が降格させられる事態も発生した。

さらに、一覧によると、33 の事務員 (月給 3195 ユーロから) と事務員 16 人 (月給 2490 ユーロから) の雇用が創出された。ドイツ連邦軍内部に再編成に伴い、結果的に30の新たな役職が設置されることとなった。

国防省が行った増額に対する説明は次の通りである。:「これら役職の大部分は、新兵器の開発などのあらゆる重要な計画を遂行する上で必須なものです。」

CDUはランブレヒトの後継者ピストリウスに期待する

この増額に批判の声が上がる。ピストリウスには、前防衛大臣のように決して誰も認知していないところで役職を増やしたりすることはなく実に建設的にあらゆる政策を実行してくれるであろうと言った期待が寄せられている。

 

www.focus.de

1,000億ユーロでも足りない?:ドイツ連邦軍への莫大な軍事予算

連邦防衛大臣ピストリウスは連邦軍に当てられる特別予算に対し、1,000億ユーロでは不十分であると訴える。

「1,000億ユーロ程度では何もできませんよ。」、とドイツ南新聞に対しピストリウスは答えた。「ありとあらゆる最新鋭システムに莫大な費用がかかります。」。ランブレヒトの後継者もまた軍事予算に年間500億ユーロは不十分であると考える。「決して十分であるとは思いません。」。

そしてピストリウスはウクライナへ提供する軍事装備品の一覧の伴うさらなる費用を要求する。これには数十億ユーロ単位で費用が投入されるが、その出所の大部分は不明である。連邦軍傘下には、14 基の新しい 2000 自走榴弾砲と 5 基の Mars II 多連装ロケット発射装置が追加されることになる。この一覧には、50台のディンゴ輸送車両、500台のスティンガー対空ミサイル、100,000個の手榴弾、2,200万発の携行弾薬、および28,000個の戦闘用ヘルメットが含まれている。さらにいうまでもなく、ウクライナ戦線へ投入される14両のレオパルド2A6主力戦車も含んでいる。世界的なインフレと生産費用高騰により予算が膨らむことは明白である。

「弾薬は木から生えてこない」

ピストリウスは改めて、ウクライナをロシアから防衛するために必要な武器と物資を緊急かつ迅速に連邦軍が確保しなければならないことを主張する。「戦車はどこでも簡単に召喚できるものではありません。輸送には時間を要し、最低でも3週間はかかります。そして弾薬は木から生えてはきません。」。

ドイツは短期間で準備できる体制が整っていない。欧州全体で生産体制を構築しなければなりません。皆が最新兵器の開発を行う必要はないのです。そして我々は標準的な兵器をまずは揃えるべきです。」。彼は生産能力および速度を向上させるべく、兵器産業界と綿密な連携を取ってくことを発表した。来週にも彼は兵器産業界との対話を開始することになる。「兎にも角にも迅速に行動しなければなりません。」。

 

www.focus.de